読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子のアラフィフが、自分の好きだった物を再認識するブログ

水戸黄門 第1話を観た感想。

初めて観ました、第一部。

杉良太郎の助さんも初めてだし、まだ印籠のシーンも無いということで、

どれほど印象が違うのかと思いましたがあまり違和感はありませんでした。

役者さんが若い! ということぐらいでしょうかw

 

1話で黄門様と助さん格さんが畑仕事をする場面も第一部からありました。

そして黄門一行が真相究明の旅に出ると、柳沢吉保の命を受けた刺客が襲いかかる!

お馴染みの展開です。

弥七が風車で危険を知らせる場面もありました。

 

私は弥七が好きなので、初回から大活躍だったので大満足です。

 

唯一の違和感は主題歌が流れなかったこと。インストだけに短く編集されてました。

現在の放送枠におさまらない為、オープニングが犠牲になっているらしい。残念です。

昔よりCMが増えたんでしょうか?

 

水戸黄門に限らず古い作品を観ているとセリフがぶちぶち切られているのが興ざめしますね。

もちろん差別はいけません。が、そこまでする必要があるのかなと思うこともしばしば。

今回も何カ所かありましたが、その中で推測ですが「唐変木」という言葉が消されていました。

なにがまずいのか。過剰に規制しすぎではないでしょうか。

世知辛い世の中になったものですね。

初期シリーズがあまり再放送されないのは、その辺りの事情もあるのかな。

時代が変われば常識も変わっていくものですが、セリフだけでなく話自体が欠番になって無かったことになっている場合もあります。(ウルトラセブンが有名ですね)

もったいないなあと思うのは非常識ですか?

 

とは言え次回からの展開もすごく楽しみです。

 

_________________________

いきなり重苦しいテーマに首を突っ込んでしまった。

もっと気楽ぅ〜にいきたいと思います。