読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子の40代が、自分の好きだった物を再認識するブログ

恵方巻ってどこの風習?

暮らし/その他

節分の行事といえば豆まきですが、近年は恵方巻とやらがCMやチラシでたくさん宣伝されてます。

 

節分の日の夜にその年の恵方の方角をむいて太巻き寿司を丸かじりすると縁起がいいらしい。

f:id:hayaarukinomarg:20150202214700p:plain

最近はロールケーキなどの恵方巻も売ってるが御利益あるのか?

 

それにしても恵方巻とはどこの風習なのだろう。

 

てっきり北関東あたりの風習をさも全国区のように宣伝しているのかと思っていたが、実際は大阪の風習であった。

 

一時は廃れていた大阪商人の風習が海苔問屋などの販売促進イベントで一般的になりスーパー・コンビニに広がり、1998年にセブンイレブンが全国販売して以降さらに認知度が上がり全国的に定着していったということだ。

 

なるほど、バレンタインデーや土用の丑の日などと同様の販売戦略だった訳だ。

しかも恵方巻という名称はセブンイレブンの全国展開の時につけられた歴史の浅いもので、それまでは丸かぶり寿司など別の呼び名だったとは驚きだ。

 

身近に子供がいないと年中行事には疎くなり、田舎の風習には縁遠くなる昨今、

販売戦略に乗っかって季節を感じてみるのもいいかもしれませんね。