霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子のアラフィフが、自分の好きだった物を再認識するブログ

シャーロック・ホームズ物語へのススメ。〈おすすめの文庫〉

シャーロック・ホームズといえば誰もが知っているであろう名探偵。

小さい頃に読んだことのある人は多いでしょう。

新しいドラマや映画も大ヒットしましたが、原作をちゃんと読んだことのある人は少ないかもしれません。

児童書だけで終わりにしてはもったいない!

 

ですが、いざ読もうとするといろんな出版社から出ていますし、どの本から手をつければ良いのか分かりづらい。そこでナビゲートさせていただきます!

 

まずはラインナップのおさらい(発表順)

  1. 緋色の研究(緋色の習作)_[長編]
  2. 四つの署名(四つのサイン)_[長編]
  3. シャーロック・ホームズの冒険_[短編集]
  4. シャーロック・ホームズの思い出(回想)_[短編集]
  5. バスカヴィル家の犬_[長編]
  6. シャーロック・ホームズの帰還(生還/復活)_[短編集]
  7. シャーロック・ホームズ最後の挨拶_[短編集]
  8. 恐怖の谷_[長編]
  9. シャーロック・ホームズの事件簿_[短編集]

 ※出版社により表記が少し違います。

 

『緋色の研究』にはホームズとワトソンの出会いが書かれているので発表順に読むのが妥当ですが、長編から入るのはハードルが高いという人は、有名な「赤毛組合」や「まだらの紐」が入っている短編集の『冒険』からがオススメです。

 

ストーリーは時系列順には並んでいないので、どの話から読んでも良いのですが唯一注意が必要な順序があって、短編集『思い出』の「最後の事件」を読んでから『帰還』の「空き家の冒険」を読む、という順序だけは気をつけてください。

 

入手しやすい文庫本

私が持っているのは新潮文庫、光文社文庫、ちくま文庫、河出書房新社のハードカバー。(その後さらにKindleで創元推理文庫を入手)

出版社によって翻訳が違うのでいろいろ読んでみたくなるのです。

現在入手しづらい物もあるのでオススメはこちら。

 

【新潮文庫】延原謙/訳  

文体が古く取っ付きにくいかもしれないが19世紀末の時代感にひたれるのでオススメ。古さ故に誤訳も指摘されていたが、ホームズの翻訳といえば延原訳が定番。

現行版はご子息の延原展が改訂したものなので読みやすくはなっている。

ただ新潮文庫の短編集は収録作品が少しずつ削られており、収録されなかった短編はオリジナルには無い『シャーロック・ホームズの叡智』という短編集を独自に設けてまとめられているので注意が必要。

 

  

緋色の研究 (新潮文庫)

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)

 

【光文社文庫】日暮雅通/訳

翻訳が新しくとても読みやすい。解説なども興味深い。

 

  

緋色の研究 (光文社文庫)

シャーロック・ホームズの冒険 (光文社文庫)

 

【創元推理文庫】旧版:阿部知二→新訳版:深町眞理子/訳

現在[新訳版]へ切り替わり中なので書店によっては旧版と新版が混在しているかもしれないので注意。装丁が違うのですぐ分かる。

【追記】深町眞理子訳の【新訳版】が出そろったのでオススメです。

 

  

【新訳版】緋色の研究 (創元推理文庫)

【新訳版】シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫) 

 

阿部知二訳の旧版シリーズはKindleで読めます。

 

その他の文庫 

河出文庫は翻訳が若者向けでやさしく読みやすい。しかし書店での取り扱いは少ない。

ハードカバー版で充実していた注釈は文庫では半減しているようで残念。

挿絵は他社の文庫よりたっぷり楽しめます。

  

緋色の習作 (河出文庫)

シャーロック・ホームズの冒険 (河出文庫)

 

ちくま文庫は解説・注釈が満載のコアなファン向けで、収録順も時系列順に並べ替えられている特殊な編集。入手困難。

詳註版シャーロック・ホームズ全集〈全10巻〉(ちくま文庫)

 

ハヤカワ・ミステリ文庫は書店ではまず見つからないが、現在は電子書籍で読める。

 

緋色の研究 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

シャーロック・ホームズの冒険 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  

角川文庫は全巻出ていないので、全話コンプリートしたい方にはおすすめしない。

 

緋色の研究 (角川文庫)

シャーロック・ホームズの冒険 (角川文庫)

 

 

この他に、昔の角川文庫において鈴木幸夫が訳したものがKindleで上下巻の合本になっている。 

 

 

 

新しい翻訳の方が読みやすくなっているのは間違いないが、古めかしい翻訳で時代を感じるのもまた良い。

 

30年前には全話すべて読める文庫は新潮だけだったし、どこの書店にも置いてあったので私が最初に買ったのは新潮文庫でした。久しぶりに本棚の奥から出してみたら活字の小ささに驚いた。昔の文庫は字が小さい!

わー!また読み直したくなってきた!

 

 

 

こちらの記事もいかがですか? 

hayaarukinomarg.hatenablog.com