霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子のアラフィフが、自分の好きだった物を再認識するブログ

義理チョコ文化は廃れていくのか?

 

明日はバレンタインデー。St Valentine's Day というからにはキリスト教に関係することは想像できます。

なにやらふるーい歴史があるようですが、そんなことは現代日本人にはどーでもいいことな訳で 。
 
菓子業界の戦略にまんまと乗せられて日本独自の進化を遂げたバレンタインデー。
そして日本人の義理堅い性質から生まれた義理チョコ文化ですが、近頃は減少傾向にあるようです。
 

f:id:hayaarukinomarg:20150213204040j:plain

私の以前の職場でもかつてはリッチなお返しを期待して社長や部長に義理チョコを渡し他の社員にもささやかながら配られていましたが、2000年代始め頃に社長が不景気を理由に「お返しはやめます」と宣言し、事実上の義理チョコ禁止令となりました。
 
飲みニュケーションとか業務外の交流は敬遠される時代で、私も社員旅行や宴会は煩わしいと思ってますが、義理チョコ程度のささやかな交流ぐらいはあってもいいんじゃないかと。
変な義務感とか、ましてや強要とかはダメだけど、たとえチロル1個でもちょっとしたやり取りで楽しい気持ちでいつもと違う1日が始められたら良いじゃない? ダメかなぁ。
 
今年のバレンタインは土曜日なので、お休みのところは今日もらえるのかなあという男子社員の期待をよそにスルーした会社もあるでしょう。
 
いつもと同じ1日を終え、明日はマイチョコを買いに行こうか。