読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子のアラフィフが、自分の好きだった物を再認識するブログ

父ちゃん、そうじゃない… 幼い日のマグナムの思い出。

この記事を読んで小学生の時の記憶がよみがえった。

 

jyajyayome.hatenablog.com

 

友達の弟が持ってた銀玉鉄砲がうらやましくて、親におもちゃのピストルをおねだりした。

 

すると父が買ってきたのは

 

357マグナム。

 

えええええーーーーー! ガチのモデルガンやんか!

 

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 オリジナルサウンドトラック

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 オリジナルサウンドトラック

 

当時、父が働いていた名古屋駅地下街ユニモールにモデルガンショップがあったんだよね。

 

そうじゃないんだ、父ちゃん…

 

モデルガンだからもちろん玉は出ない。

銃口につっかえ棒がはまっているのを見て悲しくなった。

 

そしてとにかく重い! 小学生の手に余る。

 

父が金色に輝く弾丸の先っちょに火薬を詰めて、バーン!!!!!

音でけえええ! 今なら間違いなく通報されるレベル。

 

それ以前に引き金も重くて小学生の指では撃てない。

 

遊べないよ、父ちゃん…

 

私はただ射的をして遊びたかっただけなんだ、銀玉鉄砲が欲しかったんだよう。

 

まあ、友達に自慢はしたけどね。

 

その後、私は割り箸で輪ゴム鉄砲を作って父と遊んだのであった。


超合金は買ってくれなかったのに、モデルガンを買ってくる父、謎だ。