読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子のアラフィフが、自分の好きだった物を再認識するブログ

19世紀末の『SHERLOCK(シャーロック)』が待ち遠しい!

ベネディクト・カンバーバッチ主演の現代版シャーロック・ホームズのドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』の新作は、なんと原作通りの19世紀末ヴィクトリア朝を舞台にした特番だということで、非常に注目しています。

 

その新しいビジュアルが公開されました。

www.cinematoday.jp

 

http://img.cinematoday.jp/a/N0074769/_size_560x/_v_1436422436/main.jpg

 

オールバックのカンバーバッチとひげのフリーマン、かなり様になってるじゃないですか!

 

映像も公開されました!

www.youtube.com

 

ちらっと聞こえるサウンドとベーカーストリートのプレートからの流れは、ジェレミー・ブレットのグラナダテレビ版をリスペクトしていることがよく分かりますね。

非常にクオリティが高いです。

 

12月にイギリスで放送予定ですが、世界の限定された劇場でも公開予定だそうです。日本ではどうなるんでしょうか。ものすごく待ち遠しいぞ!