読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子のアラフィフが、自分の好きだった物を再認識するブログ

お花は時価だから…と思考停止していた

今日は彼岸の入りなので仏花(仏壇に供える花)を買いに行った。

 

f:id:hayaarukinomarg:20150920224653j:plain

 

いつもは家から徒歩2分のスーパーの横に併設されている花屋で買ってたんだが、最近ずっと閉まってる。閉店の告知はないんだけど…。

 

仕方ないから今月からバス停ひとつ向こうの園芸店まで買いに行くことに。

バスに乗る程の距離ではないから歩いて行くが、前回は台風の前の土砂降りだった。

今日はよく晴れてたが歩くとまだまだ暑い。遠くなって不便だなぁ。

 

店に着くと店頭に「仏花 大量入荷」と貼り出されていた。

店に入り、小さく束ねられた仏花の値札を見ると…

 

398円! 前回と同じじゃないか!

 

今までの店では、お盆やお彼岸の時期は倍くらいに値上がりしてたのに!

と、ここでさっき見た店頭の文字を思い出す。

 

「大量入荷」

 

あーそうだよ、こんな基本的なことに気づいてなかった。

花は魚とかの生鮮食品と同じように、生花市場で競りによって仕入れられる時価である。

大量に仕入れたら安くなるのである。

 

なんかもう、ヒザから崩れ落ちるほどのショック。

毎年高い金払って買ってたのがバカらしい。

 

ネットの買い物では、より安い所でとかポイントの多い所でとか色々考えて買い物するのに、リアル店舗ではその距離のあまりの近さゆえに、今まで他店で安く買おうなどと考えたことも無かった。

 

そもそも花は高いもの、贅沢品という認識だったし、時期によって値上がりするのは仕方ないと思い込んでいた。

まさに思考停止。なんてこった…

 

長年の習慣も見直してみないといけないと実感した日であった。