読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子のアラフィフが、自分の好きだった物を再認識するブログ

杉下右京が帰ってきた! 相棒14スタート

始まりましたね、新シーズンが。

 

f:id:hayaarukinomarg:20160427223941j:plain

相棒14|テレビ朝日

 

「13」の終わり方が物議をかもして、もうこのシリーズも限界か末期症状かとガッカリな空気も漂って、次の相棒の反町隆史にもさほど興味もなかったので「14」の事前情報はチェックしてなかったのだけど、新シーズンが始まるとなると

 

やっぱり観ちゃうよねー!

 

今度の相棒は警察官じゃないってことだけは知っていたけど、随分と“すけこまし”だな。

カイトくんが一途なキャラだったから逆を狙ったのか。数多の女を泣かせてそうだ。

 

警察官じゃないってことが異例の新相棒の冠城亘(かぶらぎわたる)だが、最大の違いは杉下に充てがわれるために配属されてきたわけではないということだ。

 

法務省から警視庁に出向中の冠城は、自ら杉下の近くにいることを望んで特命係に居座ってしまった。

自分の処遇を自分で決めれるって、コイツかなりのくせ者じゃね。

 

初回の事件は刑務所で起こった殺人で、法務省管轄の刑務所での冠城のお手並み拝見といったところだが、閉鎖空間でオカルト臭を漂わせ、初回スペシャルにしてはチープというか奇妙な感じだ。

 

停職中の杉下さんは英国で捜査協力をしていて、なんかのびのびしててやたら楽しそうだったが突然日本に帰国して、そのあたりの経緯が語られていないのだが。

警視庁に自由に出入りできないとか言いながら、相変わらずのマイペース。

そしてカイト父の便宜により(てか、そんな権力まだあるのね)特命係も無事復活。

 

警視庁ではお客様であり、なかなかの食わせ者な新相棒がこれからどのように事件捜査に関わっていくのか。

冠城のキャラも実に興味深い。いきなり「右京さぁぁぁぁぁぁぁん!」て叫んじゃう変なヤツ。

面白い展開を期待したい。

 

杉下右京の多忙な休日

杉下右京の多忙な休日