読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子の40代が、自分の好きだった物を再認識するブログ

懐かしのわんこアニメ『ワンサくん』がミュージカル化!_70年代に観ていた動物アニメ

手塚治虫の『ワンサくん』が今年ミュージカルで甦る。

『アニー』みたいに子供オーディションのキッズ・ミュージカルだ。

 

ddnavi.com

 

ワンサくん(1973)

www.dailymotion.com

 

ってか、ワンサくんって手塚マンガだったんだ、知らなかった。

あーなるほど、だからミュージカル仕立てのアニメだったのか。

リボンの騎士』は手塚が幼少の頃暮らした現:宝塚市宝塚歌劇に魅せられたことで生まれた作品なんだよね。主人公サファイアのモデルは元タカラジェンヌ淡島千景だとか。

 

 

懐かしいねー。子供の頃はいろんな動物アニメを観たなぁ。

そういえば近頃はあまり動物アニメを見かけないような?

 

 

70年代に観ていた動物アニメ 

子供の頃に観ていた動物アニメをいくつか思い出してみました。

 

ジャングル大帝(1965)

www.youtube.com

同じく手塚アニメの名作。アニメが1965年ってのも驚きだが、原作マンガが1950年とは驚愕だ。

ディズニーの『ライオンキング』に影響を与えたとか与えていないとか。後にミュージカル化されたのも何か運命を感じる。

 

 

ムーミン(1969)(1972)

www.youtube.com

ええ、分ってますよ。ムーミンはカバじゃなくて妖精です!

フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの小説が原作。

 

 

昆虫物語 みなしごハッチ(1970)

www.youtube.com

スズメバチに襲われ生き別れとなった母を探して旅をする。

カマキリ怖えぇ。タツノコプロ制作。

 

 

のらくろ(1970)

www.youtube.com

田河水泡の戦前のマンガが原作。犬キャラの軍隊ドタバタコメディ。

のらくろの声は初代ドラえもん大山のぶ代

 

 

ハゼドン(1972)

www.youtube.com

主人公はブサイクなハゼ!

世界一強い魚となるため、人魚のシーランとフグのプーヤンと旅をする。

ハゼドンの声は大山のぶ代

 

 

けろっこデメタン(1973)

www.youtube.com

アマガエルのデメタンと大富豪トノサマガエルの娘ラナタンが仲良くなって、貧しいデメタンが周囲から虐げられながらも強く生きていく。タツノコプロ制作。

70年代は貧しくても健気に苦難に立ち向かうキャラが多いね。当時は解らずに観てたけど。

デメタンの浮き輪を持ってたのは覚えてる。

 

 

山ねずみ ロッキーチャック(1973)

www.youtube.com

世界名作劇場」の前身「カルピスまんが劇場」で放送。『アルプスの少女ハイジ』の前番組。

アメリカの児童文学。

この番組で(ピーターラビットを知る以前に)“うさぎ=ピーター”と刷り込まれた。

ピーターラビットはイギリスの絵本

 

 

カリメロ(1974)

www.youtube.com

頭に卵の殻をかぶった黒いヒヨコ。

イタリアで考案されたキャラクターだったのね。

 

 

みつばちマーヤの冒険(1975) 

www.youtube.com

ドイツの児童文学が原作。

主題歌を歌うのは“チータ”こと水前寺清子

 

 

ガンバの冒険(1975)

www.dailymotion.com

斎藤惇夫の児童文学。

やっぱりガンバって言ったらこれだよね。 

 

 

この他、海外アニメにも動物アニメがたくさんあったねー。

トムとジェリー』をはじめ、『クマゴロー』『ドラ猫大将』、

www.youtube.com

 

『ウッドペッカー』『ドルーピー』、ネズミ版スーパーマンの『マイティマウス』とかもあったなぁ。

 

もう一度観てみたいなー!

 

 

ワンサくん

ワンサくん