読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子の40代が、自分の好きだった物を再認識するブログ

SFアニメ「キャプテンフューチャー」初の映像ソフト発売!

アニメ

1978年にNHKで放送された、SF作家エドモンド・ハミルトン原作のアニメ『キャプテンフューチャー』が、今年9月にBlu-ray BOXで甦ります!

 

 

『キャプテンフューチャー』は『未来少年コナン』の後番組でした。

コナンは民放で何度も再放送されて有名だけど、これはもう幻の作品となってしまってますねぇ。しかも原作が書かれたのは1940年ですし。

 

 

キャプテンフューチャー

1978年11月7日〜1979年12月18日〈全52回〉 

制作=東映動画(現:東映アニメーション)

 

キャプテンフューチャー=広川太一郎

ジョーン・ランドール=増山江威子

サイモン教授=川久保潔

グラッグ=緒方賢一

オットー=野田圭一

ナレーション=神 太郎

 

時は未来、すぐれた生物学者ロジャー・ニュートンは時の科学の力をもってしても未だ解明されない人工の生命創造の課題に密かに挑戦し、その完成は間近かった。それを知った陰謀家コルボは、その秘密を盗もうと企んでいた。 

ニュートンはその難を避けるため、妻のエレーヌ、それに永年の共同研究者である<生きている脳>サイモン、ライトとともに月にある隠れ家に逃れた。

間もなくニュートン夫妻の間に男の子が生まれ、カーティスと名付けられた。 

さらに最初の人工人間である<鋼鉄製ロボット>の創造に成功し、ひきついで第二の人工生命<合成アンドロイド>を創り出したが、その時コルボが現れ、妻のエレーヌと共に暗殺されてしまった。 

残されたカーティスはサイモンとグラッグ、オットーの三人によって月世界で育てられた。比類なき科学者<生きている脳>サイモンはカーティス少年の知育の面を担当した。 

そして、科学者のあらゆる分野の知識を授け、すべての工学的知識と技術を短時間のうちに身につけさせた。 

<ロボット>グラッグは、その桁外れの力とスタミナの一端を独特の方法で少年に注ぎ込んだ。 

<アンドロイド>オットーは持ち前の精神と肉体の両面にわたる驚くべき敏捷な反応の能力を植え付けた。カーティス・ニュートンが見事な一人前の男に成人したある日、サイモンは彼の両親の死の真相を話して聞かせた。 

そして今後、科学を不正な目的に利用しようとする悪の手と勇敢に戦ってほしいと懇望した。かくしてカーティスは自らキャプテン・フューチャーと名乗り、宇宙の正義と平和のために斗う事になったのである。

キャプテンフューチャー - TOEI ANIMATION

 

オープニング「夢の舟乗り」

www.youtube.com

作詞=山川啓介 作曲=大野雄二

歌=ヒデ夕樹 

 

エンディング「ポプラ通りの家」

www.youtube.com

作詞=山川啓介 作曲=大野雄二

歌=ピーカブー

 

 

この主題歌が大好きでね。

特にエンディングをEPレコードがすり切れるほど聴いてました。

(逆に『未来少年コナン』は民放でしか観たことなくて、ずっと主題歌を知らなかったんですよね…)

 

 

ブルーレイBOX発売予定

Blu-ray BOX VOL.1は第1話〜第24話を収録で、2016年9月発売。

さらにボーナスディスクとして、TVスペシャル「華麗なる太陽系レース」(60分)と東映まんがまつり劇場版(24分)*1が収録されています。 

 

Blu-ray BOX VOL.2は第25話〜第52話を収録で、2016年11月に発売されます。

東映ビデオ:「キャプテンフューチャー」特集

 

 

限定生産ですからお見逃し無く! 

   

 

*1:※TVスペシャルの再編集版