読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子の40代が、自分の好きだった物を再認識するブログ

また観たいと思い続けているアニメ『ルパン対ホームズ』

アニメ

タイトルだけでワクワクしてしまう、児童図書における二大ヒーロー夢の共演。

『ルパン対ホームズ』のアニメがあったことを憶えているだろうか。

 

『ルパン対ホームズ』

1980年前後にはテレビ用長編アニメがたくさんあり、『ルパン対ホームズ』も1981年に「日生ファミリースペシャル」で放送された。

 

だが、なぜかほとんど憶えていないのだ。

確かに観たのだ。ルパンの格好いい絵柄ははっきり憶えているのだが、内容もホームズの姿も思い出せない。 

 

 

原作はモーリス・ルブランが書いた「アルセーヌ・ルパン」シリーズ作品のひとつなので、当然ルパンが主役であるからホームズは引き立て役になるのだ。

「東映まんがまつり」でマジンガーZとデビルマンがタッグを組んで大活躍! みたいな展開にはならないのが、ホームズファンには腹立たしい。

 

ルブランが「ルパンシリーズ」に初めてホームズを登場させた時はホームズの名をそのまま使用したのだが、いろいろ差し障りがあったのだろう(そりゃそうだ)。その後はホームズの字面をいじって「エルロック・ショルメ」と改名し、別キャラということにして本作が書かれた。

 

しかし日本では、あえて「ホームズ」に戻して翻訳するのが通例となっているので、『ルパン対ホームズ』のホームズは本来「ショルメ」であるのだ。

 

だがしかし、このアニメでのホームズの印象が無いのは何故なのだ。当時はまだそれほどホームズ大好き!という訳では無かったし、原作の文庫本を自分で買ったのもホームズよりルパンの方が先だったのだけど。

 

ちなみにキャストは、

アルセーヌ・ルパン=広川太一郎(後の1984年には犬のホームズ!)

シャーロック・ホームズ=山城新伍

ウィルソン(ワトソン)=なべおさみ

ガニマール警部=永井一郎

 

うーん、思い出せない。

 

だから、もう一度ぜひとも観て確かめたいのだ。一体どんなホームズだったのかを。

忘れてしまいたいほど酷いホームズ像だったのか。あるいは……?

 

昨今は懐かしい作品がBSやCS、動画配信でいろいろ観ることができるが、この作品はなかなか観る機会が訪れない。

 

ソフト販売もされておらず情報も少ない幻の作品であるが、昨年サウンドトラックCDが発売されたのである!

 

「Colombia Sound Treasure Series」

過去に放送された数々の作品の中から、未商品化・未CD化の劇中BGMを中心にリリースしていくシリーズです。

 

「ルパン対ホームズ」オリジナル・サウンドトラック

―ルパン音源、最後の秘境。モダンジャズやミュゼット、パリの香りをまとった極上のカクテルミュージック―

1981年にテレビアニメスペシャルとして放送された『ルパン対ホームズ』のオリジナル・サウンドトラックが初CD化!!

玉木宏樹による軽快なジャズサウンドが冴え渡る。

 

 ダイジェスト視聴できます

www.youtube.com

 

カッコいい!

おフランスの薫り漂うすてきな音楽。

ルパンが颯爽と駆け抜けていく様子が目に浮かぶ。

 

ああ、映像も観てみたい!

CDだけでなく、今度はDVDも発売してくれないだろうか。