読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子の40代が、自分の好きだった物を再認識するブログ

『シャーロック 忌まわしき花嫁』やっと観れたので、ちょびっと感想を。

5月9日に録画しておいた『シャーロック 忌まわしき花嫁』をやっと観れたぁ。

[現代版シャーロック]同様に原作ネタ満載で、重箱の隅々まで突っつきたくなる作品だった!

 

感動のあまり変なテンションになっている感想

 

冒頭は[現代版]の名場面が流れる。結構しつこい。

はやく19世紀を見せてくれ~!

 

 

 

西暦がさかのぼっていく。来た来た来たー!

場面はアフガン戦争真っ只中のワトソン。

 

!!! そこから!?

 

では、この後にホームズとワトソンの出会いシーンが!

 

遺体を叩くホームズ!

ホームズはやくこっち向け。おおおーーー!

 

[現代版]で見たシーンが見事に19世紀で再現されてる!

これはすごいぞ!

 

そしてOPは同じテーマ曲。うー、ワクワクするぅ!

 

ベーカーストリートのプレートのアップから、通りの景観へと視線が移る。

これはジェレミー・ブレット版のOPと同じだ!

予告編ですでに見ていたが、何度見てもゾクゾクする。しかもBGMもそれっぽい!

原作のみならず既存の映像作品へのリスペクトも半端ない!

 

ジェレミー・ブレット版のOP

www.youtube.com

 

ちなみに1954年のロナルド・ハワード版のドラマでも見られる演出だ。

 

ロナルド・ハワード版

www.youtube.com

 

 

さぁ! いよいよ221bの扉。うわぁ! もう感動しまくり!

ハドソンさん登場。レギュラーメンバーのやりとりがスゴく面白い!

 

2階に上がると謎の御婦人が。タイトルの花嫁が依頼人として登場かと思いきや!

ワトソンの妻メアリーがしゃしゃり出てくるのは[現代版]を観てないとビックリするよね。

 

おお! ホームズのバイオリンだー!

 

そこにレストレード登場。立派なもみあげのレトロな風貌が似合ってる。

 

イカレた花嫁の事件を説明する場面の映像演出がすごく凝ってる!

こういう所はさすがデジタル時代の作品であればこそ。

 

遺体置き場で検死医のモリーが、な、な、なんと男装で登場。

1月にBSで観た満島ひかりの明智小五郎みたいな違和感が!

なんでだ? なにか意味があるに違いない!

 

うほほ、ディオゲネスクラブも出てくるのか。

しゃべっちゃいけないから手話。ワトソン下手くそで面白い!

 

 

マイクロフトでか過ぎぃぃぃ!

 

 

クソ真面目に原作ネタをおちょくr… ゴホンッ

随所に散りばめ飽きさせない。

  

 

 

[現代版]が原作ネタをとことん追究して制作されたからこそ、時代を19世紀に戻すことが出来たのだ。とにかく原作の名場面、名セリフが目白押し、ファンサービスてんこ盛り!

 

列車でホームズとワトソンが向かい合うお馴染みの車窓の構図

ホームズが紫のガウンで瞑想

ワトソン宅の行き届かないメイド

「都合悪くても来い」の電報で呼び出されるワトソン

 

細かいネタは数えきれないほど盛り込まれている。素晴らしい!

 

 

 

だが、物語後半で驚愕することになる。

日本では劇場公開されたが、あくまでも[現代版シャーロック]のシリーズ合間のTVスペシャル番組だということを思い知らされるのだ。

 

この内容で劇場公開にしたのは、ドラマを未見に人に対してかなり不親切だと思うが。

やっぱり大きなスクリーンで観ておきたかったな!

 

それにしてもモリアーティが輪をかけて気持ち悪いw

 

 

DVDが出るぞ!  

録画したけど、特典映像も観たいからDVD買お!  

 

1954年のドラマは廉価版DVD-BOXで観れます