読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子の40代が、自分の好きだった物を再認識するブログ

迷惑をかけても謝らない、その無神経さが理解出来ないのだが。

暮らし/その他

※今日はいつもの懐かしTVネタではなくて、愚痴のはけ口となっておりますのでご了承ください。

 

 

ちょっと前の朝の出来事なのだが、家の廊下から妙な音がするので見てみると…

 

天井から水がボタボタボタボタ……

 

f:id:hayaarukinomarg:20160721170950j:plain

ギャー!

 

いそいで雑巾やバケツを用意している間に、家族が上の階へ文句を言いに行った。

(自宅は集合住宅である)

 

洗濯機のホースが外れたとかで、水浸しのてんやわんやだったらしいが

「何言っとるか訳分からん…」と呆れながら戻ってきた。

 

これまでにも水漏れ被害には10年に一度くらいは遭遇してきた。

(上階の住人に恵まれてないなぁ)

やらかすのは決まって、入居して数年も経たない若い人である。

 

こういうご近所トラブルの際はすぐに何かしらを買い求め、その日の晩とか1日2日のうちに改めてお詫びに来たものだ。

 

しかし今回は1日たっても2日たっても、一週間たっても来やしねぇ!

 

なにも菓子折りを持って来いと言っているのではない。

 

10年20年前には既にご近所付き合いは希薄になっていたし、上の住人の顔も知らなかったけれど、若い人でもまだご近所さんへの礼儀をわきまえていた。

 

この10年のうちに、他人との関わり方が変わってしまったように思う。

他人を顧みない、周囲への心配りが出来ない、自分のことしか見えていない人が増えた気がする。

 

ご近所での最大の変化は外人さんが増えたことだが、(外人さんに限らず)自治会に入る人が減ったりして、回覧板がうまく回らず行方不明になったりで機能しなくなった。

 

引っ越しの挨拶をする人もいなくなった。

ご近所に住んでいる人がさっぱり判らなくなった。

 

断っておくが、私は人付き合いには消極的な人間だ。

ご近所さんと会話なんてしたくは無い。仲良くご近所付き合いをするつもりも無いが……。

 

しかし、今の世の中はなんだかギスギスして生きづらくなったなぁと思う。

昔は良かったなどと言うと、ただ単に私が歳を取ったということかと虚しくなるのだが。

 

あぁ、モヤモヤする……。