読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子の40代が、自分の好きだった物を再認識するブログ

山中峯太郎ホームズが復活した!

山中峯太郎ホームズってわかりますか?

 

私は以前こんな記事を書いてます。 

hayaarukinomarg.hatenablog.com

 

うはぁ!

ブログ始めたばっかりの、なんて素朴な記事なんだっ!

 

それはさておき。

 

昔なつかし、小学校の図書室に「少年探偵団」や「怪盗ルパン」とともに並んでいたハードカバー本の「名探偵ホームズ」全集。

それこそが山中峯太郎が翻訳した幻のホームズシリーズである。

 

しかし峯太郎の翻訳は、オリジナルからかなり書き換えられた「翻案」であったため、ある時期の「オリジナル尊重主義」の風潮で世の中から消えてしまったのだ。

 

長らく絶版となっていて読むことが出来なくなっていたのだが、この度めでたく復活したのである!

 

ばばーん!!!

 

名探偵ホームズ全集〈全3巻〉 

当時のハードカバーの復刻じゃないのか。

 

7,344円?! たっけぇぇぇぇ!!!

 

3巻で22,032円かー!

「詳細な註つき」とか。完全にマニア向けなコレクターズアイテムじゃないか。

しかも20冊を3巻にまとめたとなると、これはかなりデカそうな……

 

f:id:hayaarukinomarg:20170123210042j:plain

 

ぐはぁっ! 厚さ5.4cmだとぅぅぅ!

もはや凶器。

 

でも欲しいなぁ。高いなぁ。欲しいなぁ。デカいなぁ。

 

もしいま当時のハードカバー本が新刊で買えたなら1,500円くらいするのかな。それを全巻あつめることを考えたら、お買得価格ではあるのだが。

 

なんで「少年探偵団」や「怪盗ルパン」のように、当時の表紙絵のままで文庫で復刻してくれないんだよ~。

やっぱり異端の書物となってしまった翻案は、もうポプラ社での復刻は無理なのか?

 

あぁぁっ読みたい!

 

でも高いなぁ。欲しいなぁ。デカいなぁ。欲しいなぁ。

 

うわぁぁぁぁぁ、どうしよっかな~~~~!