読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子の40代が、自分の好きだった物を再認識するブログ

私が草間彌生の水玉デザインを怖いと思うのは『赤影』のせいだと思う

水玉模様って好きですか?

POPで可愛いですよねー。

 

でも私はちょっと苦手です。ストライプとかチェックとか直線デザインの方が好きです。

 

小さいドットの水玉模様は可愛らしいと思うんだけど、大きいドットのデザインは何か不安を感じるというか……

  

草間彌生デザインって可愛い? 怖い?

水玉デザインといえば、世界を魅了する芸術家・草間彌生の代表的モチーフです。

 

すごくインパクトのあるデザインで人気ですが、ご本人もかなりのインパクトです。

あ! もう88歳なんですね!

ご高齢なのは知ってたけど、すごいエネルギーですなー!

 

しかし、この草間彌生のデザインが私はどうも苦手です。

そもそも抽象だの前衛だのがよくわからないのだけれど、気持ち悪くてしかたがない。

実際のところ、可愛いと思う人と怖いと思う人がいるようですし。

 

Amazonで手に入るグッズの画像を借りてきた。 

 

これくらいなら、まだ可愛い。

が、バナナの黒斑が嫌いな私はもう気持ち悪いけど。 

 

このあたりから、ぞわぞわ落ち着かない。

 

このマウスパッドとか、目まいがしそうなヤバさ。

 

現在、東京の国立新美術館で草間彌生展「わが永遠の魂」が開催中です。

kusama2017.jp

 

もちろん観に行ったわけではありません。

 

ここで展示されている花のオブジェを撮影した画像を、ネットでたまたま見つけて私は気がついたのです。そしてトートバッグのイラストを見て確信しました。

 

私が大きな水玉模様に不安を感じるのは、『赤影』のせいだと!

 

 

人喰い植物ばびらん

『仮面の忍者赤影』は1967年の特撮番組。生まれる前の番組だが、幼い頃から何度も再放送で楽しんできた大好きな作品だ。奇妙キテレツな敵忍者や怪獣がいっぱい出ていた。

 

シリーズ最終章である第四部・魔風編(第49話)

 

f:id:hayaarukinomarg:20170401170248j:plain

魔風忍群の仕掛けた罠に誘われて、ファンタジーな森に迷い込んだ赤影たち。

 

大きな水玉模様のキノコが生えてるメルヘンな世界。

 

f:id:hayaarukinomarg:20170401170340j:plain

そこに現れた怪しいおねえちゃん。

 

f:id:hayaarukinomarg:20170401170417j:plain

しかし、その正体は変なおっさん!

花粉道伯(はなのこどうはく)という魔風忍群のメンバーが女に化けていた。

同じ鼻輪しててバレバレだけど。

 

f:id:hayaarukinomarg:20170401170525j:plain

道伯があやつる食虫植物のバケモノ「ばびらん」が怪しい花粉をまき散らし、触手を伸ばして人をさらって飲み込んでしまう。

上の画像は、赤影が空を飛んで戦っているところです。

 

白塗りの女が気持ち悪かったのか、毒々しいキノコに不安を感じたのか、花弁が斑点模様の「ばびらん」が人を飲み込むのが怖かったのか。

 

この水玉の世界が、幼い心に恐怖を植え付けたのは間違いないでしょう。

 

他にも、第一部には悪童子(あくどうじ)とか、第二部には白蝋鬼(はくろうき)とか、気持ち悪い水玉模様の敵忍者がいたけど。

 

f:id:hayaarukinomarg:20170401193812j:plain

  

あ!

もしかしてバナナの黒斑が嫌いなのは、白蝋鬼のせいなのかも?

 

 

あなたには、子供の頃に観たテレビから受けたトラウマってありますか?