霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子のアラフィフが、自分の好きだった物を再認識するブログ

ヒデキーーーーー!

信じられない。

ヒデキが死んだなんて。

 

半身マヒになっても元気に歌う姿を見せてくれていたのに。

あまりにも突然の訃報に驚いた。

残念だ。

 

f:id:hayaarukinomarg:20180517212502j:plain

 

1970年代に子供時代を過ごしたアラフィフだから、テレビで西城秀樹の歌はたくさん聴いてきた。

80年代はだんだん聴かなくなっていったけれど、大人になった90年代には、何がきっかけだったか忘れたがヒデキ好きだったなぁと再認識し、ベストアルバムを買ったり25周年記念のヒストリー・ビデオを買ったりして、一時期ハマっていたこともあった。

 

f:id:hayaarukinomarg:20180517212334j:plain

 

ビデオに付属ののブックレットだ。

f:id:hayaarukinomarg:20180517212304j:plain

1978年には新曲を5曲もリリースしている。どれも大ヒットだ。スゴい。

翌年の1979年に「ヤングマン」である。

 

若さほとばしる熱い歌唱の歌も好きだが、静かな情熱を秘めたバラードも大好きだ。

  

若き獅子たち(1976)

www.youtube.com

太陽に向かい 歩いてるかぎり

影を踏むことはない

  

ブーツをぬいで朝食を(1978)

www.youtube.com

後は流れ行く時のままにまかせ

波間にゆれている舟のように

 

炎(1978)

www.youtube.com

恋とは戦いと知らされたからは

炎で氷を溶かしてみせる

   

ブルースカイ ブルー(1978)

www.youtube.com

ふり向けば あの時の

目にしみる空の青さ思う

  

ヤングマン(1979)

www.youtube.com

ゆううつなど 吹き飛ばして

君も元気だせよ

   

勇気があれば(1979)

www.youtube.com

あの時にもう少し 勇気があったら

今より遠くへ 行けたのにと

 

 

ヒデキの歌を聴いて、勇気と希望と情熱を与えられてきた。

今は、ただただ感謝。

 

 

青空よ 遠い人に伝えて さよならと

 

 

これからも聴き続けるぞ。

 

 

hayaarukinomarg.hatenablog.com