霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子のアラフィフが、自分の好きだった物を再認識するブログ

初めて1人で墓参り。

毎年恒例となっている春と秋の彼岸の墓参りである。

 

いつも父と2人で出掛けるのだが、まあねー、先日のアレでまだ胸が痛いと言っているので私1人で行くことになった。打撲だけだから通院もしてなくて元気なんだけどね。

 

最近は雨が多くて涼しかったのに、連休は晴れてまた気温30度越えだって言うし。

県外まで出掛けるのはしんどいし、無理はいけないからね。

先週は「行けるさ」と意地を張っていたけど。

 

まあ、年寄りの足に気を遣う必要も無いし、気楽で良いや。

 

初めてのこと色々 

1人で気楽なので初めてのことを試してみた。

近鉄特急の切符はいつも名古屋駅の窓口で買っているのだが、今回はネットで特急券を買ってみることにした。

 

連休は混雑する窓口で行列して、満席で予定より1本遅れることもあったけど。

座席をネットでキープして、乗車券はいつも使っている名鉄のICカード「マナカ」で改札を通れば良いのだ。相互利用ってやつですね。

なんとまあ楽チン!

 

駅の売店のお土産も電子マネーで買えるし、すっかりキャッシュレス。

便利、便利。

 

そして、松阪駅に着いてタクシーで寺へ向かおうとしたら、なんとそのタクシーが名鉄タクシーだったのだ。ここでもマナカが使えてしまった。

三重県でも名鉄タクシーが走っているとは知らなかったな。

 

 

さて、無事に墓参りも済ませて、いつものように叔母と待ち合わせてランチだ。

 

あちらもいつもは叔母ともう1人、従兄弟も一緒に来ていることが多いのだけど、今回は叔母1人だった。

 

足の悪い年寄りがいないので(叔母は70代だが健脚だ)、叔母の希望のお店に行ってみた。

 

松阪城趾公園の近くにある懐石料理と甘味の「松燈庵(しょうとうあん)」だ。

 

私は初めてなので、叔母に案内されて城の石垣の方から向かったが、店構えが地味で見過ごしそうだった。

 

入ってみれば、レトロなお屋敷で日本庭園の素敵なお店だ。

古風な和室にテーブル席。

 

頼んだのは「松御前〜四季〜」

季節で内容は変わるみたい。

f:id:hayaarukinomarg:20180924210843j:plain

 

このところ「牛銀」の洋食ばかりだったから、なんだかとっても優雅な気分。

でもこれで2,000円。リーズナブル。

 

すっかり落ち着いて、そろそろ行こうかと思ったら。

 

f:id:hayaarukinomarg:20180924212517j:plain

 

デザートあったわ!

なんだかとっても得した気分。

 

帰りは来た方とは反対側へ出たら…

 

f:id:hayaarukinomarg:20180924212832j:plain

 

こっちが正面だったかー。

裏口の方から入ったのか。どおりで地味だと思ったよ。

 

 

この後も町ブラをして、江戸でも商いをしていた豪商のお屋敷「旧長谷川邸」を観に行った。屋敷の前の道はよく通るが中に入るのは初めて。

ちょうどガイドの解説付きで見学できる時間だった。ラッキー。

 

大きな蔵を400年前の錠前で開けてくれた。

千両箱とか、紀州徳川家の「葵の御紋」の付いた文書箱とか。

貴重な品々を見ることが出来た。

 

「旧長谷川邸」は、今でこそ松阪市に寄贈され管理されている重要文化財だが、叔母達が子供の頃は広い庭でよく遊んだそうだ。今よりももっと広かったらしい。

 

ちょっと歩き疲れたので、商店街の甘味処で冷やしぜんざい。

暑かったからねー。

 

 

元気な叔母と楽しく過ごせた1日であった。

 

松燈庵~蔵のあるお食事処~

旧長谷川邸 - 松阪市ホームページ