霧が晴れたら早歩き

昔テレビっ子のアラフィフが、自分の好きだった物を再認識するブログ

アガサ・クリスティのミステリ作品ドラマ化で、沢村一樹の変な警部が三度登場!

アガサ・クリスティ原作ミステリのドラマ化第4弾『予告殺人』が4月14日に放送されます。

 

f:id:hayaarukinomarg:20190411175243j:plain

 

第1弾は2017年の『そして誰もいなくなった』、2018年には『パディントン発4時50分』と『大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて』の2夜連続放送。

 

今年もやるんですね。

ミス・マープル作品のドラマ化は3作目。

 

でもやっぱりミス・マープルは出ないのか。

その代わりに、またしても沢村一樹が演じる個性の強い警部が事件を解決する。

 

うーん、嫌いじゃないんだけど。

ミス・マープルが見たいよね。どうせなら。

 

www.youtube.com

事件が起こる屋敷の主人は大地真央。

いいですねぇ。この現実味の無さが「いかにも」という感じで。

え、褒めてますよ?

とても楽しみです。

 

でも原作を読んだときは、そんなにセレブなお屋敷のイメージではなかったんだけれど、舞台を日本にするとこんなに浮世離れした感じになってしまうのかなぁ。

 

 

やっぱり草笛光子のミス・マープルで観てみたいなぁ。

 

 

放送は4月14日の夜9時からテレビ朝日系列にて。

ドラマスペシャル アガサ・クリスティ『予告殺人』|テレビ朝日